結婚して良かったと思う時。

アドバイザー安部です。

 

結婚して良かったことって何ですか?と会員さんから聞かれることが何度かあります。

 

活動していく中で、結婚って何だろうと考えてしまうから、このようなご質問が出るのかもしれないですね。

 

実際に結婚している方がどのような時に結婚って良いなと思うのか少し調べてみました。

 

結婚して良かったと思うときは?

 

「家に帰って明かりがついてる」(34歳)

「感謝の言葉を言ってもらった時」(36歳)

「病気のとき。病気をして心配してもらえる」(38歳)

「つらいときや悲しいとき。そばにいてくれること」(32歳)

「年老いて独り身の人を見たとき」(31歳)

※あおぞらマリアージュ調べ

 

私が1人暮らしをしていた時に、風邪で熱が出た時などは本当に1人って孤独だなぁって思いました。

今自分がここで倒れても、誰も助けてくれないんだと、体が弱っている時ほど心もネガティブになってしまいました。

1人の方が気楽な生活を送れるけれど、歳を重ねるごとに孤独な気持ちが少しづつ増えていくような気持ちになりました。

 

婚活が上手くいかないと辛くなり、1人の方が気楽でいいのかもと逃げたくなることもあるかもしれません。

 

だけど、辛い時期を乗り越えて成婚された会員は本当に幸せいっぱいで「辛い時もあったけれど続けて良かったです。」とみなさん話されます。

 

誰かと一緒に生きていくってやっぱり良いものですよね。

 

成婚者さんのメッセージもご覧ください。